スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SH-12C framework-res.apk SystemUI.apk続き

前回はframework-res.apkとSystemUI.apkをUOT KitchenにUPして改造してもらったわけだが、ここまでは何の問題もなく進むのではないかと思う。(サイトが英語なので英語が苦手な人にとっては大変な作業だったかもしれないが...)

これらのファイルの操作は自己責任で

文鎮になっても、自分で直せる自身がないのなら止めておいたほうがいいと思う。


今回は、改造されたframework-res.apkとSystemUI.apkをSH-12Cに移動するのだが、これらは普通に起動しているSH-12Cで実際に起動し使われているアプリなので、そのまま上書きってわけにはいかない(はずw)。

そのまま上書きは試してないけど、出来るのかな?

なんか割と、このファイルを上書きして失敗し文鎮になったと言う記事を何件か見たので、気を付けなければならない。

とりあえず、通常起動している状態で上書きは危険なにおいがするので、リカバリモードに移行する。

と、、、その前に、DLしたファイルを展開し、出てきたファイルの中の”app”ファルダの中のSystemUI.apkと、”framework”フォルダの中のframework-res.apkをSH-12Cの/data/localにコピーしておく。
※便宜上、展開先パスを、C:\Android\UOTFileとする。

adb接続にて、(展開先のパスは自分のパスと入れ替えて)
(#はコメントアウト行。記入しなくていい行の事。単なる説明)

adb shell
cd /data/local

#PCにバックアップ取ってあるはずだから、消しちゃう!
rm SystemUI.apk
rm framework-res.apk

#adb shellから抜ける
exit
exit

#実機にpush
adb push C:\Android\UOTFile\app\SystemUI.apk /data/local/SystemUI.apk
adb push C:\Android\UOTFile\framewrok\framework-res.apk /data/local/framework-res.apk


これで、コピーは完了。

いよいよリカバリモードで作業する。

電源を切り、リカバリモードに入ったら、adb接続で次のように打っていき上書きをしていく。
※先日UPされたカスタムカーネルを使用している事が前提。
※goroh_kunさんがUPしたリカバリ対応イメージを使用する場合は、マウントの部分を読み替えて作業。
(一番下参照)

adb shell
su
mount_system
mount_data
mount -o remount,rw /mnt/system
cd /mnt/system/app
rm SystemUI.apk
cp /mnt/data/local/SystemUI.apk SystemUI.apk
chmod 644 SystemUI.apk
cd /mnt/system/framework
rm framework-res.apk
cp /mnt/data/local/framework-res.apk framework-res.apk
chmod 644 framework-res.apk
cd /
umount /mnt/data
umount /mnt/system
rm /recovery


これで2つのapkは正しく設置されて、再起動がかかったはず。
rmの部分は、/data/local/backup とか作っておいて、mvでも良いかも。と言うかそっちの方がいいのかな?安全のためには…。

ここで正しく起動しない(docomoロゴから動かない)場合は、ちゃんとファイル設置がされているか、再びリカバリモードに入って確認する必要がある。

system/app/SystemUI.apkはちゃんとあるか、パーミッションrw-r--r--になっているか、
system/framework/framework-res.apkはちゃんとあるか、パーミッションrw-r--r--になっているか。

これらのファイルが間違いなく設置されていて、通常起動しなくなってしまった場合は、

PCに移動しておいた2個のファイルを下に戻してみる。

パーミッションは644で。


自分はUOT Kitchenにて、何度も試してみたけど、一度も起動しなくなったことは無いので、大丈夫だと思うけど。


バッテリーが100%表示になったし、ステータスバーも全部白黒になったし、ステータスバーを引き下ろした時も面白い表示になったし、まあ、満足!w

こんな説明しかできない奴に質問とかしたくないと思うけど、何か聞きたいことがあったらお気軽に~。

※goroh_kunさんがUPしてくれたリカバリ対応イメージを使う場合は、リカバリモードに入り次のコマンドを打つ

adb shell
su
mkdir /dev/block
mknod /dev/block/mtdblock5 b 31 5
mount -t yaffs2 /dev/block/mtdblock5 /system
mknod /dev/block/mtdblock11 b 31 11
mount -t yaffs2 /dev/block/mtdblock11 /data
cd /system/app
rm SystemUI.apk
cp /data/local/SystemUI.apk SystemUI.apk
chmod 644 SystemUI.apk
cd /system/framework
rm framework-res.apk
cp /data/local/framework-res.apk framework-res.apk
chmod 644 framework-res.apk
cd /
umount /data
umount /system
rm /recovery


でいいと思う。。。
実際に試していないので、間違っていたらごめんなさい。
まあ、frameworkとか入れ替えるのに、コマンドの意味とかわからない人はいないと思うけど。。。
やっぱり自己責任で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tozionsdoor

Author:tozionsdoor
ただ書くだけ。スクショとか取るの面倒。貼るのも面倒w

検索フォーム
FC2カウンター
最新記事 5件
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。